〒464-0071 名古屋市千種区若水2丁目3-11 サンマンション千種公園D207 Tel:052-762-7200 Fax:052-723-1659
 トップページ >> 技術評価・支援の仕組
▲このページの先頭へ

前のページへ
トップページへ
設立の趣意 / 活動の目的 / 組織 / 活動の内容 / 技術評価・支援の仕組 / 技術評価の特徴
機構構成メンバー / 倫理契約 / 定款 / 活動実績の公表 / 沿革

お問い合わせ / お知らせ / リンク

Copyright (c) Chubu Regional Institute of Infra-Technology Evaluation and Support. All Rights Reserved.

技術評価および技術支援の内容と手順

本機構では,技術評価および技術支援を次のような手順で進めています.


@ 業務の依頼
事務局への電話,FAX,e-mailの他,学識経験者グループおよび事務局に所属するメンバーへの直接の相談にも応じます.

A 事務局会議における検討
事務局会議において,依頼された案件について検討を行います.本機構において対処可能と判断される場合, 依頼内容,対応組織の原案その他をとりまとめ,理事会での判断にゆだねます.

B 理事会における検討
事務局会議において検討された依頼内容に対する検討が行われます.理事会で承認が得られた場合, 必要に応じて技術評価委員会あるいは技術支援委員会あるいは技術教育支援委員会の設置作業に入ることになります.

C 技術評価委員会,技術支援委員会,技術教育支援委員会の設置
理事会により,依頼案件を解決するために最もふさわしい専門家およびエキスパートを数名選出し,委員会を設置し, 委員の中から委員長を1名任命します.

D 技術評価委員会,技術支援委員会,技術教育支援委員会の開催
委員長を中心とした複数の委員により,委員会が開催されます.必要に応じて,依頼者にも参加を依頼することとなります. 委員会は最終的に委員会報告書を作成します.

E 理事会における検討と承認
委員会報告の内容について,理事会で議論が行われます.理事会で承認が得られた後,依頼案件に対する報告書が完成します.

F 技術評価・技術支援の報告および公表
依頼者に対する報告を行います.評価委員会の活動は公開です.支援委員会の報告内容は,依頼者からの要請に応じて 秘密を保持します.また各種委員会の活動は本機構ホームページ等で公表いたします.