〒464-0071 名古屋市千種区若水2丁目3-11 サンマンション千種公園D207 Tel/Fax:052-762-7200
 トップページ >> 活動実績の公表
▲このページの先頭へ

前のページへ
トップページへ
設立の趣意 / 活動の目的 / 組織 / 活動の内容 / 技術評価・支援の仕組 / 技術評価の特徴
機構構成メンバー / 倫理契約 / 定款 / 活動実績の公表 / 沿革

お問い合わせ / お知らせ / リンク

Copyright (c) Chubu Regional Institute of Infra-Technology Evaluation and Support. All Rights Reserved.

活動実績の公表


技術支援活動

平成18年度

東海線振動評価委員会(名古屋高速道路公社委託)

 名古屋高速道路公社では,名古屋市山王橋と第2東名高速道路を結ぶ高速4号線(以下東海線と呼ぶ)を建設予定であるが,昨年度に引き続き,高架構造の高速道路通過車両が発生する環境振動,平面道路通過車両が発生する環境振動を分離する技術の開発について委託された.委員会は名古屋大学澤田義博教授を委員長とし,橋梁振動,建築振動,地盤振動,構造解析を専門とする大学教授7名(名大,名工大,金沢大,岐阜大),委託者側委員2名によって構成され,実際の類似高架橋における振動実測結果の解析検討,そこから演繹される振動予測方法の検討が行われている.かなり有望な技術が開発される見込みである.



国道23号低周波振動対策委員会(国交省名古屋国道事務所委託)

 国道23号共和地区における高架橋を振動源とする環境振動の原因と対策について過去数年機構は提言を行ってきていたが,本年度は低周波振動対策,特にTMD設置の効果的な設計・配置について委託され,田辺忠顕名古屋大学名誉教授を委員長として,地盤振動・建築振動・橋梁振動の専門家名大教授4名,信州大学教授1名,山梨大学教授1名(音響学)をメンバーとする委員会を設置して,その具体案を提言しつつある.TMD設置に伴う鋼桁の疲労設計にまでひろめて提言を行いつつある.



高速道路構造物損傷事前評価システムの検討委員会(名古屋高速道路公社委託)

 昨年度に提言した新技術の内,応力聴診器,および微動のH/Vスペクトル比の応用技術について,さらにそのフィジビリティーについて検討を委託された.機構は,沢田義博名大教授を委員長とし,他に応力解析,振動解析,応力測定の専門家として名大教授1名,名工大教授1名,岐阜大学教授1名,東海大学助教授1名,名大助手1名からな委員会を組織して検討を行っている.



雨水地下貯留システムの設計に関する検討委員会(積水化学委託)

 昨年に引き続き,プラスチック製貯留システの,第三者機関による安全照査方法ならびに設計方法の一般的な標準の規定作成の委託に応じている.委員会は,名古屋大学大学院中村光教授を委員長とする委員会(名古屋大学2名,首都大学東京1名,大同工大1名)を設置して,システムの安全照査方法,設計方法の検討を行って,本年度中に成案を得る予定である.



愛知県総合評価入札落札方式委員会委員長の推薦

 愛知県は平成18年度より総合評価入札落札方式の審査システムを変更し,県の中に本委員会を設けその下に公共事業の種別ごとの審査委員会を設ける事にした.そして本委員会の委員長に適切な学識経験者の推薦を当機構に依頼してきた.当機構は,吉田弥智元名工大学長(名工大名誉教授)を推薦した.