〒464-0071 名古屋市千種区若水2丁目3-11 サンマンション千種公園D207 Tel/Fax:052-762-7200
 トップページ >> 活動実績の公表
▲このページの先頭へ

前のページへ
トップページへ
設立の趣意 / 活動の目的 / 組織 / 活動の内容 / 技術評価・支援の仕組 / 技術評価の特徴
機構構成メンバー / 倫理契約 / 定款 / 活動実績の公表 / 沿革

お問い合わせ / お知らせ / リンク

Copyright (c) Chubu Regional Institute of Infra-Technology Evaluation and Support. All Rights Reserved.

活動実績の公表


技術支援活動

平成15年度

岩が池横断構造物検討委員会(愛知県土木部委託)

 愛知県主要地方道岡崎線が刈谷市岩が池地点を通過する際の橋梁状構造物として, アーチ状プレキャストセグメントと土構造の複合構造(外見はコンクリート連続アーチ橋に見える) が考えられているが,その構造が道路橋示方書の範疇でないために特に耐震設計法に関して検討が必要になった. 岩が池横断構造物検討委員会は,岐阜大学六郷恵哲教授を委員長として,地盤振動,コンクリート構造, 地盤工学,地震動を専門とする9名の大学教授,委託者側委員6名によって構成され,コンサルタントを 指揮してその合理的な設計方法を検討していたが,最終的に昨年度の検討結果に基づいて設計方法を提案した.


名高速3号北部区間基礎構造検討委員会(名高速道路公社委託)

 名古屋高速道路公社が建設中の名岐バイパスの北部区間において,高速道路高架橋基礎が 地下鉄シールドトンネル(2本ある)の存在で,非対称杭基礎とせざるを得ないことに対する 技術的な解決を求められた.委員会は,名古屋大学浅岡顕教授を委員長として,地盤構造,地盤振動, コンクリート構造を専門とする7名の大学教授(名大,名工大,岐阜大,埼玉大)によって構成され, 地盤改良によって高架橋基礎を対称にすると同時に,コンサルタントを指揮して合理的な基礎形式の提案を行った.


国道23号振動対策委員会(国交省中部地方整備局名古屋国道工事事務所委託)

 国道23号共和インター近辺の民家の振動の原因を除去する対策工法検討の依頼が, 国土交通省名古屋国道工事事務所からなされ,振動の原因である低周波空気振動と地盤振動を低減する 対策を検討する委員会が名古屋大学田辺忠顕教授を委員長とし,地盤振動,建築振動,橋梁振動, 流体振動,構造解析などを専門とする6名の大学教授(名大,山梨大),4名の委託者側委員によって 構成されコンサルタントを指揮して対策工法主として低周波振動の対策の提案を行った.


静岡県土木部総合評価落札方式審査委員会委員派遣(静岡県総合管理公社委託)

 静岡県が実施する総合評価落札方式での入札委員会へ,鋼構造の学識経験者として,名古屋大学山田健太郎教授を推薦した.


静岡県公共施設長寿命化計画検討委員会委員長の派遣(静岡県総合管理公社委託)

 静岡県が実施する公共施設長寿命化計画検討委員会の委員長にふさわしい専門家の推薦依頼があり,檜貝勇山梨大学教授を推薦した.


三重県総合評価落札方式入札審査委員会への専門家派遣(三重県土木部委託)

 三重県が実施する浄水場施設の総合評価落札方式入札審査委員会へ学識経験者として,大学教授2名(名古屋大学,中部大学)を推薦した.